長崎の桑原塾は、1人ひとりに必要な学習を効率的に実現できるよう徹底対応いたします。

長崎市の幼児教室・予備校・附属小学校受験・学習塾なら桑原塾へ

TOP > プロジェクトE -県立東中合格計画-

プロジェクトE -県立東中合格計画-

プロジェクトE(イースト)とは

プロジェクトEとは、長崎県立長崎東中学校合格のための桑原塾独自のプロジェクトです。

桑原塾代表 桑原広行より

東中の入試問題を見ると要求させる解答には、大きく分けて2種類があります。
1つ目は、従来の私立入試型の知識を詰め込むだけ、切り替えし類似問題を反復練習することで解ける答えが1つしかない問題。これを私は20世紀型の問題と呼んでいます。
2つ目は、「あなたの考えを書きなさい」という答えが一つではない問題。これは21世紀型の問題と呼んでいます。東中はその2つが混在する入試問題です。

そのような、入試問題の特質をとらえて、皆さんが想像する「知識の詰め込み型」従来の塾の授業から、「知識」を「知恵」に深めるために「知識の活用力」「思考力」「判断力」「表現力」を高める指導カリキュラムを創りました。それがプロジェクトEです。

さらに、今の小学6年生以降の子どもたちが受験する5年後は、答えが1つしかない20世紀型のセンター入試が廃止され、総合力が試される21世紀型の達成度テスト(仮称)が実施されます。このプロジェクトEは中学入試に対策に留まらず、6年後の大学入試も見据えて21世紀型の入試に対応できる総合力を養成することを可能とします。

プロジェクトE 室長 中野拓郎より

これまで多くの東中合格者を見てきましたが、その子たちに共通しているのは、はっきりとした目的意識を持っているという点です。桑原塾では塾の授業や様々なイベント・特訓を通して、「何のために東中に行きたいのか」、「何のために勉強して、進学するのか」にアクセスしていきます。中学受検の目的がはっきりすることで受検勉強だけでなく、中学校入学後の生活もよりパワフルなものになります。さらにそれが心の強さにもつながってくるのです。
また、塾の仲間たちとの競い合いや励まし合いを通して受検生としての目標達成に向けた意識を養っていきます。小さな達成経験を積むことで中学・高校へとつながる勉強への姿勢を身につけることが出来ます。

中学受検を通して、学力面と精神面で大きく成長できるよう指導してまいります。

東中の入試について

東中の受検内容は大きくわけて「適性検査」「作文」「面接」の3つです。


適性検査は筆記テストです。これは私立中学校受験のような教科別の試験ではなく、教科を超えた総合的なものです。つまり、身近な環境問題を考えながら計算をしたり、リサイクルの材料を使って理科実験をしたりする問題などが取り上げられます。
長崎東中においては、適性検査のねらいを「学校での生活や家庭や身の回りのことなどをテーマとして、学習指導要領に沿った、問題発見・解決能力、思考力、判断力及び表現力等小学校教育において身に着けた総合的な力をみる。」としています。

「考える力」や「表現力」をみるために作文の試験が行われます。作文の形式としては、自分の考えや意見を300~600字程度で書かせるケースが多く見られます。
 長崎県立中学校共通問題で過去に出題されたものとしては「友だちから学んだこと」「素直な心」「ことばの持つ力」など、学校での経験や人生に関する幅広いテーマが扱われています。

集団面接が行われます。面接においてまず大切なのは、「ハキハキと答える」「姿勢を正しくする」「笑顔を忘れず、お辞儀は丁寧にする」などのマナーを守ることです。もちろん、面接において最も重要なのは、質問に対する答えの「中身」です。よく質問されるテーマとしては「学校を志望した理由」「将来の夢」「好きな教科」「自分の長所」「小学校でがんばったこと」などがあげられます。

  • 入試の準備のために5年内容を早期に終了していきます。
    中学入試に備えた学習と、勉強への取り組み方を定着させます。

  • 第1回目の模試と入試分析会を行います。
    受検に向けての準備を行うために、まずは自分の実力を知ることが大切です。
    入試分析会では1月に行われた入試試験の内容・傾向を分析し、どのような対策を
    行っていくかお話致します。

  • 思考力を鍛え、問題へ向き合う器を作るための『算数パズル』と、適性検査攻略のための『Gテスト』を用いた特訓を行っていきます。

  • 5月の連休前に特訓会を行います。
    合格者の成績を見てみると、全国模試で1学期中に偏差値が60を超えているかどうかが合否のラインとなっております。
    点数でいえば、80点前後です。
    そこで桑原塾では、4科目の中でも成績を大きく左右する算数に特化して全国模試の点数をアップするべく特訓を行います。

  • 東中学校の入試を想定した模擬試験です。
    入試と同じように「適性検査」・「作文」・「集団面接」の3つを行います。
    模試は記述解答や作文を丁寧に添削し、細かなアドバイスを行います。
    後日実施する「やりなおし授業」では、適性問題の解き方・作文の書き方を解説し、
    東中に合格した先輩がどのような勉強をしたのかもお話し致します。

  • この夏期講習期間で小学生の内容を完全に定着させてしまいます。
    お盆前に行う「お盆特訓」では、入試傾向に対応した問題に強くなるための養成講座を行います。
    夏期講習は受験生にとって天王山です。しっかりと力をつけてライバルに大きく差をつけましょう。

  • 鹿児島県の知覧へ研修旅行に行きます。
    適性検査においては、知識量よりも様々な事象に対する問題提起能力・問題解決能力が求められます。これは一朝一夕で養われる性質のものではなく、人生における種々の経験によって思考を鍛錬する過程で習得されます。
    かつて特攻基地が存在した知覧を訪れ、特攻という歴史について深く考え、「なぜ特攻が行われたのか」「自分が戦争に行かなければならないとしたらどうするか」「どうすれば戦争はなくなるのか」等のテーマについて教師側から問いかけ、生徒同士でのディスカッション・研究発表を行います。これから自分がどう生きていくべきなのか思考を深める場・経験として大きく役立つ旅行です。

  • 8月までに小学生の学習内容を完結させ、9月からは適性問題・作文問題の対策を本格的に行っていきます。
    この時期から、記述形式による解答作成がより多くなるので、文章の添削指導を強化していきます。
    作文・面接の指導も始まります。桑原塾ではチェック項目を設け、面接指導を実施していきます。
    授業内では、教師による面接の指導、また生徒同士によるワンツーマン・セルフ面接練習等を行います。

  • 受検勉強の最終仕上げ前に実力試しです。
    緊張感のある公開会場で、入試本番へのシミュレーションを行います。

  • いよいよ間近に迫る入試に向け、十分な演習・特訓を行います。お正月の前後は「直前特訓」を行い、最終仕上げをします。
    最後の最後まで悔いを残さないようにすることで、生徒の人生に大きな意味をもたらす中学受検になることをスタッフ一同、願っております。