長崎の桑原塾は、1人ひとりに必要な学習を効率的に実現できるよう徹底対応いたします。

長崎市の幼児教室・予備校・附属小学校受験・学習塾なら桑原塾へ

TOP > 桑原塾とは

桑原塾とは

私たちが大切にしている事。
それはほんの一部の優秀な子を有名校に合格させる事よりも、すべてのお子さんが持っている可能性を100パーセント
発揮できる環境をつくり、学び方を教え、着実に成績をアップし、その結果、目標とする志望校に合格することです。

桑原塾 企業理念

普通、企業理念は創業者、もしくは経営者が一人で考え、社員全員に明示します。
しかし、桑原塾の企業理念は法人化に伴い、社員全員が丸一日を使って考え、社長
の認可を受けるという形でできあがった企業理念です。

 私は「人は押し付けられたものよりも、自分でつくったものに価値をもつ」という
信念を持っています。

自分で作ったものへの愛着はだれもが経験していますよね。
愛着があってこそ、すべてのものは輝きを放ちます。

企業理念の解説をします。

私たちは、→ 正社員だけでなく、非常勤職員、大学生のアルバイト、送迎バスの運転手さん、用務員さん、桑原塾の関係者の全ての人を意味します。

どんな困難も突破する → 成功の前には必ず困難という試練があります。その試練を突破し成功を勝ち取るまで努力を続ける、1度や2度の失敗で挑戦を諦めない回復力を持つ私たち。

社会を元気にする → 社会を元気にするとは、社会に活力を与えること。よい世の中をつくることであり、周りの人々を幸せにするという志に従う行動を取る私たち。

すべてに感謝する → どんな逆境、苦難に対しても、その中にプラスの価値を見つける。感謝する気持ちを持ち続け、「ありがとうございます」という言葉を忘れない私たち。

熱い魂です → 魂とは心の深い部分にある不動のものゆるぎないもの。桑原塾の魂は真っ赤に燃え上がる熱いエネルギーをもち、ひと時も休むことなく太陽のように自ら輝きを放ち続ける。

私たちは、一人では何もできない。小さな存在です。
しかし、周りの人々とつながることによって、無限の可能性を発揮し始めるものです。
会社が会社である所以は、人と人のつながりをつくること。

桑原塾 ロゴの意味は?

マーク全体は、世界にひとつの花を咲かせていることを示します。それは花びらのひとつが違う色で表しているように、
ひとつしかないことを示します。また、薔薇は情熱の意味があります。(花言葉)薔薇は春に咲くことも、
春はさまざまな人生の節目、始まり、スタートでもあることからこの「ばら」をあしらいました。

会社概要

社名 株式会社 桑原塾
本社所在地 長崎県長崎市竹の久保町13-20
電話番号 095-864-1415
資本金 300万円
従業員数 約50名
事業内容 学習塾、幼児教室
役員 代表取締役 桑原広行
取締役 桑原貴美子

沿革

1997(平成9)年  4月 桑原塾本校 開校
2006(平成18)年 7月 桑原塾駅前校 開校
2008(平成20)年 4月 幼児教室 桑原塾スーパーキッズ開講
2011(平成23)年 10月 株式会社 桑原塾 創立
2012(平成24)年 4月 桑原塾 住吉校開講
民間学童保育ドリームキッズ開講